資材調達・購買ソリューションパッケージ マーケットアベニュー
課題と解決策一覧へ

発注プロセスの簡素化    

問題点 サプライヤへの発注業務、購買情報管理が煩雑になっている 解決策 取引先との受発注フローの電子化と受発注フローの簡素化

・サプライヤとの受発注ワークフローを電子化(EDI化)することにより、受発注業務の効率化が図れます。

・カタログシステム構築により、ユーザー部門から直接、サプライヤへの発注が可能となります。これによりユーザー部門と調達・購買部門間で発生していた業務工程の簡素化が図れ、調達リードタイムの短縮を実現します。 調達・購買部門は戦略購買や原価低減活動へのバリューシフトが可能となります。

・電子見積や逆オークションなどソーシングプロセスの高度化の取り組みと同様に、受発注関連業務や納期管理なども重要な工程であり、購買管理、資材管理業務として、効率化を追求すべきポイントの一つです。

前のページへ戻る トップページへ ページの最上部へ
資材調達・購買ソリューションパッケージはマーケットアベニューへ マーケットアベニュー プライバシーポリシー | 会社概要 
資材調達・購買ソリューションパッケージはマーケットアベニューへ 
Copyright© ITOCHU Techno-Solutions Corporation