資材調達・購買ソリューションパッケージ マーケットアベニュー
課題と解決策一覧へ

調達条件・サプライヤ決定プロセスの簡素化   

問題点 調達条件(仕様/目標価格/納期)設定プロセスが煩雑で時間がかかっている 解決策 評価・査定手法の確立、再見積り依頼プロセスの簡素化

・複数サプライヤからの様々な見積に対する比較・評価業務の効率化が図れます。 ソーシングフェーズの交渉局面に応じて、バイヤ側でサプライヤに対する見積回答制限ができます。これによってサプライヤ側で勝手に条件を変えての見積回答ができなくなりますので、バイヤは余分な交渉プロセスを排除でき、同一条件下でのスムーズな評価・選定ができます。
また、一度取得した見積回答から新たに再見積依頼を簡単におこす事ができ、調達・購買業務の効率化が図れます。
このように電子相見積により資材管理、購買管理の最も重要な業務の一つである価格決定業務を効率化・標準化することで、より多く交渉に時間を割くなど効果的な本来業務に注力することも出来ます。

・海外調達やグローバル調達の推進を行うと、上記の内容はより重要で必須な取り組みとなってきます。

・逆オークションなどを利用することで、局面によっては更に簡素化・効率化が図れます。

前のページへ戻る トップページへ ページの最上部へ
資材調達・購買ソリューションパッケージはマーケットアベニューへ マーケットアベニュー プライバシーポリシー | 会社概要 
資材調達・購買ソリューションパッケージはマーケットアベニューへ 
Copyright© ITOCHU Techno-Solutions Corporation