資材調達・購買ソリューションパッケージ マーケットアベニュー
課題と解決策一覧へ

業務プロセス・購買実績の可視化

問題点 全体として誰が何をどこからどれだけ買っているのか?わからない 解決策 購買情報の電子化促進と管理情報の精緻化

価格交渉履歴(見積実績/逆オークションや電子入札結果)や発注実績を電子化・蓄積し、一元的管理することによって、定量的な情報把握が可能となります。 また、調達・購買部門内の情報共有にとどまらない各ユーザー部門との情報共有が可能となり、調達・購買業務の見える化(視える化)を促進します。
このような蓄積された情報を分析し、どの部分に改善の余地があるのかを把握、活用することによって、戦略購買や原価低減活動を促進することができます。
正しい購買管理や資材管理を行い、更に開発購買や海外調達などを推進するためにも、必須の取組です。

前のページへ戻る トップページへ ページの最上部へ
資材調達・購買ソリューションパッケージはマーケットアベニューへ マーケットアベニュー プライバシーポリシー | 会社概要 
資材調達・購買ソリューションパッケージはマーケットアベニューへ 
Copyright© ITOCHU Techno-Solutions Corporation